家を借りる

高層マンション

部屋を借りるときはなるべくコストを掛けずに済ませたいものです。いい部屋には住みたいけど、家賃で引っかかるということを経験した人はかなり多いです。しかし、ポイントを押さえれば、良い部屋を手頃な家賃で借りることもできます。まずは賃貸仲介会社をどこも同じだとは思わないことです。同じ賃貸物件を扱っていたとしても、賃貸仲介会社によって大家との交渉力が違います。大家と長年付き合いとなる担当者もいれば、最近その賃貸物件の取り扱いを始めたという担当者もいます。前者のような担当者を見つけることが重要です。いくつかあたってみて、家賃の値下げ交渉をしてみましょう。これだけで、ある賃貸仲介会社からは減額できたという連絡が来る可能性もあります。

さらに家賃の減額が難しい場合にはフリーレントの期間を設けられないか相談してみましょう。フリーレントとは家賃を支払わずに借りることができる期間のことです。例えば、1ヶ月12万円の家賃を支払わなければならない賃貸物件があった場合、1ヶ月のフリーレント期間を設けることができれば、2年契約で月5000円の家賃を減額したのと同じになります。家賃の減額には抵抗がある大家でもフリーレントなら良いと考える大家もいます。特に賃貸初月は1ヶ月まるまる住むことが少ないですから、この日割家賃だけでも減額できないかと相談してみると良いでしょう。さらに家賃周りだけでなく仲介手数料の割引も交渉してみましょう。仲介手数料は賃貸仲介会社との交渉になります。1ヶ月の家賃が平均相場ですが半額、ゼロにできるケースもあります。