お風呂を重視

リビング

戸建てやマンションなど、不動産の種類は多岐に渡ります。不動産は建物のことを言うと思っている人は多いですが、戸建てやマンションを建てるのに必要な土地も不動産です。その昔、多くの人が所有したい不動産として挙げていたのが戸建てでした。今でも、戸建ては不動産の代表と言うイメージが強いですが、マンション永住派も増えてきています。 戸建てを建てる場合、時間をかけてしっかりプランを作ることが大切ですが、以前はあまり見られなかった間取りを採用する人が多くなってきました。中でも珍しいとされるのが、洗面とトイレと浴室を一体にする間取りです。最初は抵抗があったが、使ってみれば思いのほか快適だったと言う人はたくさんいます。

戸建てのプラン作りで、お風呂の計画に時間をかけることが多くなってきています。1日の疲れを癒すお風呂を、機能的で快適な空間にしたいと言う人が増えてきました。ユニットバスにするかオーダーでつくるか悩む人は多いですが、どちらにもメリットとデメリットはあります。オーダーでお風呂をつくると、ユニットバスより大きく値段が変わってくるので、予算を考えてどちらにするか決めましょう。 また、浴室のバリアフリー化が進んでいますが、若い夫婦ならすぐに必要と言うわけではありません。しかし、将来のことを考えて、手すりなどが付けられるように壁に下地を入れておくと、大がかりなリフォームが必要になりません。結果、施工費が安くなります。